twitter はじめました。

飲食店の子どもお断りの本当の理由とは。

 

こんちちは。

 

やさちか。オーナーです。

 

本日は

 

街で見かけた素敵なカフェ。ランチしたいんだけど、子ども連れはお断り。とか、子どもも必ず注文しろとか 子どもの席代金もいただきますとか。なんて世の中ツレないの。

お子さん連れ

 

私もホントそう思います。

 

!ブラックオーナー発動中!
お子さんだって空間を共有する権利はあるはず。1食に5千円・6千円もするならともかく。千円そこそこで何言ってやがんだい!と。だったら 断りを提示する前に、どう見ても『子どもが入ってはマズそうな』たたずまいにせい!と。顧客選別をせい!と思います。住み分けは必要とかいいますが、子ども側が配慮しなければならないのですかね。大人側が配慮する余裕があるのではないでしょうか。店内も電車内も道路上も公園内も公共の場も。結局 ごく一部の激高者とのトラブルをあまりに恐れるがために、こんなケツの座りの悪い肩身の狭い世の中になってしまっているのでは。

オーナー

 

 

では、なぜか?

 

『未就学児お断り・小学生未満お断り』の主な理由としてあげられるのは

 

『他のお客様のご迷惑になる恐れがあるため、トラブル回避にご理解ください』

 

的な感じが想像できると思います。

 

もちろん、直球で『他のお客様のご迷惑に・・・』という飲食店もあるでしょうが、上記のような『他のお客様のために・・・』は、あくまで表立っての理由。

 

実は、飲食店側にもお断りしたい『裏事情があるんだよ』ということをご説明します。

 

 

飲食店お子様お断りの理由。お店側の裏事情とは。

 

なぜ、『お子様お断り』なのか。

ツレないですよね。

 

表向きには『他のお客様のご迷惑になる場合があるから』みたいなことになっていますが

 

それは建前

 

実は、言うに言えない飲食店側の『ちょっと子どもさんはご勘弁』という裏の理由があったりもするんです。

 

 

飲食店側のお子さんご勘弁な理由

 

  • 理由①:汚す。
  • 理由②:残す。
  • 理由③:非対応。

 

実は、子どもが「ギャーギャー」騒ぐぐらいで、今度は大人が「ブーブー」騒ぐなんて、そんなケツの穴の小さいお客さんなんてそうそういないですから。

 

そう考えると、『お子様お断り』は、お店側のリクエストである可能性も高いのです。

 

 

 

『お子様お断り』理由①:汚す。

 

私も、カフェやさしいちから。オープンに際し、アイキャッチ(注目)の意味もこめまして、『こだわりのイス』ということで、約50万円ぶっこ込みました。

 

 

オープン初日に、親戚の大家族がやってきて 一瞬でそのイスがシミだらけになるという惨劇にあいました。

 

また同日…

 

まっさらで真っ白な壁を、お子さんらが足をかけながらよじ登るという行為にでまして 一瞬でその純白の壁紙が擦り剝けるという惨劇にもあいました。

 

オープン初日の店内⇓⇓⇓

 

『お子様お断りの店』って、やっぱり『こだわりの店』だったりするんですよね。

 

インテリア・家具・食器・・・etc

 

「壊れて困るようなもの置くな!」とも言いたくなりますが、そんな『こだわり』が集客上の『売り』だったりもするのです。

 

故意ではないにせよ、汚れたり・破壊されたりすると ちょっと困ったりするんです。

 

子どもですし、故意ではないわけですから、弁償なんて当然言いませんし。そうなると、壊れて困るものを置かない or 壊しそうなKIDSを入れない。もしくは、50万の泣きを見るか…。

オーナー

 

 

カフェ開業のイス選び。「どんなものが良いの?」イス選びで失敗した話。

 

 

『お子様お断り』理由②:残す。

 

『お子様お断りの店』って、やっぱり『食材にもこだわっていたり』するんですよね。

 

希少な食材や高価な食材だけでなく、生産者を知っていたり・直接コンタクトをとっていたり。生産者の苦労や努力を痛いほど理解した上で、大切にその食材を扱っていたりするわけです。

 

そのあたりをお客さんに周知しようとしても、直接 その苦労や努力を目の当たりするわけではないので なかなか伝わりません。

 

ことお子さんとなれば、知る由もないわけで。

 

「きゅうり、いらなーい」

「トマト、きらーい」

「もう、いらなーい」

 

昨今の飽食の時代、なかなか生活に染み付いた食習慣はぬぐい切れません。

 

もちろん、「まだ小さい子どもなんだから大目に見てよ」って、その通りなんですが、やっぱり悲しいんですよね。大量に残されたりしていると。

 

特に お子さんは 気分によって よく食べるときもあれば、全く食べないときもありますからね。

 

お客さん

でも、こちらはちゃんとお金をお支払いしているんだし、食べようが残そうがいいんじゃないの?食べられないんだからさ。

 

そうなると、『食の大切さ・希少さ』にご理解いただけるようなお客様を顧客として迎えるような構えになってしまうわけですよね。

 

顧客を限定する理由についてはコチラ⇓
カフェのネーミングを思い入れだけで付けてはダメな理由。

 

私なんか食べちゃいますけどね。子どもの残したぶんも。最近の親御さんは 食が細かったり 健康を意識しているせいか、ご自身のぶんだけでおなかいっぱいになっちゃうんですよね。残したぶんまでは 食べきれない。

オーナー

 

 

『お子様お断り』理由③:非対応。

 

『お子様お断りの店』って、割と『小さいお店』だったりするんですよね。

 

狭いなりに工夫を凝らしてはいるのですが、なにせ物理的問題なものでどうにもならない。

 

一番割を食う場所が トイレ・お手洗い・洗面室。『レストルーム・パウダールーム』が狭くなっていたりします。

 

  • おむつ替えをするスペースやおむつ台がない
  • 授乳するスペースがない。
  • あやすスペースがない。
  • お子さんが遊べるスペースがない。

 

つまり、『お子様連れのお客様のご要望にお応えできる設備が整っていない』ということです。

 

他のお客様のご迷惑というよりも

 

『お子様連れのお客様に ご不便やご迷惑をおかけしてしまうので、ご遠慮いただく』ということもあるわけです。

 

うちのカフェはやはり小さいので設備は整っていませんが、お子様もOKです。なにかご要望があれば、常に臨機応変にご対応させていただいております。

オーナー

 

 

飲食店側・お客さん側ともに構える昨今。

 

お子さんが泣いたり・グズったり・騒いだりしたときも、どのようなお店が自分たちに合うのか判断するときも、やはり 親御さんの対応が求められることと思います。

 

そこの親御さんの配慮というか 対応ひとつで、周囲の構え方が決まってしまうように感じます。

 

親御さんが、お子さんの行動に全く関知しないとか。お店のスタイルに全く無関心とか。『周囲への配慮』と『ご自身の安心』に判断がいかなくなると

 

お店は お願いをお伝えする前に、入店をお断りすることで、相互の安泰をはかっているように思います。特に最近の飲食店の対応を見るに考えさせられます。

 

なんか残念ですよね。

 

  • 未就学児・小中学生以下お断り。
  • お子様も必ずワンオーダーお願い。
  • オーダーしないなら座席料金を頂戴。

 

飲食店側は

そこまでしないといけないのか。

いや、そこまでしないとやっていけないご時世なのか。

結果、そこまでするからやっていけなくなるのか。

 

 

私が飲食業の経験から感じたことは

 

飲食店側は『自分のお店の立ち位置をしっかり定めること』だと思います。

 

頑張って美味しい料理を軸にしたいなら、カフェではなくレストランにする。高級なお店をやりたいなら、カジュアル風な店構えではなく ちゃんと高級な風格のお店にする。こだわりのケーキを出すカフェならば、胸を張ってケーキ屋(イートインできるケーキ屋)にする。

 

うちのカフェやさしいちから。も、98%以上食事のカフェならば、本来 レストランにするべきなんです。

食事ばっか食べてるという立ち位置をしておきながらカフェを名乗っていたら、お茶して読書とかお茶してゆっくりなんて到底できないわけです。

結果、迷惑をかけてしまう。食事がメインなら食事がメインのお店にして、その立ち位置でそれなりのお代をいただく。

 

一見、ナチュラルなお店に見えて「ダメよーダメダメ」一見、普通のレストランに見えて「ダメよーダメダメ」では、わからんっすよ。

 

間口広くしておいて、これはダメ・あれはダメというのは、ひどい話ですよ。

オーナー

 

 

うちのカフェは

 

一見して『カフェには見えず』

一見して『何屋かわからず』

一見して『やっているのかもわからない』

 

これが立ち位置です。

 

これを見て判断いただく。

 

当店をご存じない方にご迷惑をかけないように、知ってるもん同士で ひっそり営業しているのであります

 

 

「トースト!」「ナポリタン!」と純喫茶と間違われていた立ち位置からの~

 

⇓⇓⇓

⇓⇓⇓

 

\\ 何屋かわかんない!//

 

 

周囲に対して、自分のお店の立ち位置をしっかり把握した佇まいにしたわけです。

 

改装工事開始!!破滅に向かって。

 

ギルバート

これなら、ナポリタンなくても しょうがないわな。看板もメニューもないんだから。

 

まとめ
  • 『他のお客様のご迷惑』は 表立っての理由。
  • 『お子様お断り』は、お店側のリクエストである可能性も高い。
  • 親御さんの対応によりご自身の安心が確保される。
  • 飲食店は自店のカラーを明確に提示すること。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です